お酒を飲んだ時も一生懸命に働いてくれている肝臓

肝臓は様々な働きをしてくれる臓器の1つですが、お酒を飲んだ時に、アルコールを分解してくれる大切な働きもしてくれているでしょう。

 

この肝臓のアルコール分解の働きは、皆さんに平等に備わっているわけではありません。お酒を少し飲んだだけでも顔が赤くなってしまう方がいらっしゃいますが、その方は、生まれつき肝臓の働きが比較的弱い方と捉えることができるでしょう。

 

またもともと肝機能が強い方でも、飲み過ぎてしまうとアルコール分解の働きが追い付かなくなり、アルコール中毒の原因となってしまいますので、どちらにせよ、お酒を飲む時は肝臓を労わる上でも、適量を考えて飲むことが大切と言えるでしょう。

 

お酒の席に備えて、ウコンドリンクやしじみエキス、牡蠣エキスなどを摂ることが良いと、皆さん一度は耳にしたことがあると思いますが、あれは理にかなっていると言えるものです。ウコンは肝臓で作られた毒素を腸へ排出する働きがありますし、またしじみエキスや牡蠣エキスには、肝臓のアルコール分解の働きをサポートする働きがありますので、これらにはお酒を飲んだ時の肝臓への負担を、軽くしてくれる働きがあるのです。

 

ただ、これらを飲む時には注意点があることも覚えておくことが大切です。

 

もうすでに肝臓に疾患を抱えてらっしゃる方にとっては、これらの成分はかえって疾患を悪化させてしまう可能性があるのです。それは、ウコンやしじみエキスなどに含まれている鉄分が原因で、疾患を抱えてらっしゃる方は、特にこの鉄分を身体の中に溜め込みやすくなっていることが考えられるからです。

 

肝臓に溜まってしまった鉄分は、徐々に酸化し、炎症を起こしてしまうことが考えられますので、これらの成分はできるだけ控えることが大切になってくるのです。

 

肝臓は、人の身体の臓器の中で唯一再生機能のある臓器ではありますが、少しでも機能が低下することで体調が急変してしまいますので、その再生機能にあぐらをかくことなく、できるだけ日々労わるように心掛けることが大切でしょう。

 

当サイトでは、いくつかある肝臓のための食物の中でも牡蠣エキスをおすすめ。毎日摂るためにサプリメントを利用することを推奨しています。